« 友あり遠方より来たり | トップページ | SA>1(ベースを固める) »

2020年7月 8日 (水)

「心は錦」の生き方

私はトヨタ系販売店に入社して職業人生を始めて50年になろうとしている。

故福井社長には「一流を目指せ」と教えられて「IBMの方が栩野君のためになる」と難しい方のIBMを選んでいただいた。

故十河専務には「エリジブル」という言葉で高い世界を目指せと教えられた。

その故十河専務は「アメリカの庶民教育で公文式を広げた先駆者」になられた。

来日された時はホテルプラザなどのバーでご一緒した。

今日の友人に「心は錦」を示したかった。

今はコロナ時代で新しい常識が求められているので、それを実践するのがエリジブルな人の使命と思う。

例えば、マスク。

例えば、皿は共有しない。

などなど新しい「当たり前」のルールがある。

「俺たちの時代は・・」というのは老化した証左。

率先して時代をリードするのが「エリジブル」の使命と思う。

彼は聞く耳を持っていた。

あとは実践してくれるか否か。

実践してくれると信じている。

それが「心は錦:で生きてきた私の願い。

|

« 友あり遠方より来たり | トップページ | SA>1(ベースを固める) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 友あり遠方より来たり | トップページ | SA>1(ベースを固める) »