« 「若さ」=「希望」、「希望」=「目的・目標」 | トップページ | 一人カラオケ »

2020年6月18日 (木)

4つの自覚

読売新聞6月18日夕刊のコラム「よみうり寸評」に「善につながる4つ心」が書かれている。

同情心、羞恥心、尊敬心、分別心

この4つを「自覚しないために悪とおこなうようになる」と戒めている。

同情心:相手の立場を思う心

羞恥心:「羞」は「羊+丑(手をちぢめた形)」で、羊の肉を手で細く引きしめるの意を表す。引きしぼる、細くちぢむの意を含む ⇒気分が縮こまるほど恥じ入って、肩身が狭い思いに駆り立てられる

尊敬心:相手を敬う心

分別心:道理・善悪・損得をわきまえる心

以前に「秤」が大切と書いたが、自分の基準を持つ事だ。

しかし、自分に甘いのが人間の性。

この基準を守れないという煩悩との闘い。

自覚と言うより「煩悩」との闘いに負けるという人間の本性を弁えておかねばならない。

私は来月71才になる。

「矩を超えず」をいつも弁えたい。

 

 

|

« 「若さ」=「希望」、「希望」=「目的・目標」 | トップページ | 一人カラオケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「若さ」=「希望」、「希望」=「目的・目標」 | トップページ | 一人カラオケ »