« 楽しくなければ人生ではない | トップページ | 一芸家電に学ぶ »

2019年5月16日 (木)

「環境」x「やり方」→「やる気」

社員の「やる気」で悩んでいる方が多い。

私は、「環境」x「やり方」→「やる気」という公式化して相談にのっている。

まず、「環境」ですが、大手企業には社風があって誰もがそれに馴染んでいるという事実が大きな要素。

電通で自殺した女性も「社風」の中で追い込まれたと推測している。

大手企業はそういう社風をベースに教育にも力を入れて「能力開発」をしている。

反面、中小零細ではダイレクトにお客様に接しているので時間的余裕がないので「能力開発」の機会もない。

「環境」で言えば、設備も重要な要素。

大手は設備やソフトを更新するが、中小零細では後回しになっているケースが多い。

非効率な状態でも汗だくになって古い状態で頑張っている。

そういう中で、「やり方」を変える必要があるが、現実的には、自分一人では何もできないと改善を諦めている。

「提案制度」や「目安箱」などの仕掛けで社員の意見を聞こうとする動きがあるが、社員の意見に応えられないのでは逆効果だ。

私は、設備を変えて、それに応じて「やり方」を変える事が大切と思っている。

あるお客様では商品の小冊子をつくるという事で、自ずから「やり方」が変わって、お客様から問い合わせが来るようになり、社員の「やる気」が高まったという事例があった。

「小冊子」・・僅かな投資で「やり方」を変更して「成果」が出やすくなったのだ。

ホンマに「設備」と言えないかも知れないが、そんな投資でよくなった。

「環境」x「やり方」→「やる気」

やっぱり、少しは金をかける事が大切だ。

 

|

« 楽しくなければ人生ではない | トップページ | 一芸家電に学ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しくなければ人生ではない | トップページ | 一芸家電に学ぶ »