« 「一隅を照らす」運動に学ぶ | トップページ | 小グループ会 »

2019年5月30日 (木)

「感謝・奉仕・お互い様」

天台宗は「一隅を照らす」運動の3本柱を「生命・奉仕・共生」として普遍的な意味合いをつけている。

下世話な世界に住む身なので、日頃、シンプルに実践できる言葉にしたいと思った。

そこで、いろいろと考えた挙句、「感謝・奉仕・お互い様」に落ち着いた。

「生命」は神羅万象の物事に感謝する事なので「感謝」。

「奉仕」はそのまま「奉仕」

「共生」は一緒に生きるので庶民的に「お互い様」の精神となった。

サラリーマン時代、故福井社長は「感謝と奉仕」をスローガンに挙げていた。

まさに、ピッタリ。

それに「お互い様」の言葉を使えば、大概の事柄は丸く収まる。

ホンマに魔法の言霊。

「感謝・奉仕・お互い様」や!

 

|

« 「一隅を照らす」運動に学ぶ | トップページ | 小グループ会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「一隅を照らす」運動に学ぶ | トップページ | 小グループ会 »