« 年頭の誓い | トップページ | お代官様、お願いだぁ~! »

2019年1月 4日 (金)

時代の転換期

5月に新天皇即位で平成から次の元号へ変わる。

これを捉えて「時代の転換期」と言われている。

我々、団塊の世代は70台に入り、消費の先端では既になくなっている。

少子高齢化と叫ばれて久しいが、現実に高齢化社会になっている。

消費先端を走る若者は物の所有からレンタルへ意識が変わり、欲しい物が物からコトへ移りネットを中心とした世界に移っている。

恐ろしい事に結婚を望まない事だ。

何か「自分中心」が蔓延している。

例えば、ネットでクーポンを発行する全国チェーンが我々の団塊の世代が愛した街の飲食業を駆逐している。

背景の一つが「人との接触を嫌う」という傾向だ。

こういう若者層の職場が縮小している事が加速している。

ICT時代で「ネット販売と物流」の時代になり、さらに、街の個人営業や地域の量販店もピンチである。

また、マクロに大阪圏で見れば、大手企業が東京へ本社を移し、工場も海外へ移すなどの空洞化が進み製造業の勢いが萎み、逆に、2025年の大阪万博を筆頭にIR誘致などのイベント型にシフトしてインバウンドに期待する方向性が高まっている。

確実に到来する「伸び代」に向けてインフラをチェンジする必要がある。

各社が「伸びる」方向に目を向けて「次の一手」としてインフラ投資が必要だ。

うちは専門職のアウトソーシングを次の方向性として、お客様を中心に進めている。

ICT、つまり、デザインとシステムの両面でスピーディな対応を売りにしている。

パッケージやクラウド型とは違った領域を目指したい。

その為に、若い人の育成投資が必要だ。

「21世紀は企画の時代」という言葉を信じて起業して24年目に入っている。

若い世代へリレーして行きたい。

|

« 年頭の誓い | トップページ | お代官様、お願いだぁ~! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181253/67555017

この記事へのトラックバック一覧です: 時代の転換期:

« 年頭の誓い | トップページ | お代官様、お願いだぁ~! »