« 中小企業家同友会の基本活動 | トップページ | シアーズの破産法申請 »

2018年10月12日 (金)

変わって行く「子供教育」と語学力

先週、ノーベル賞受賞の本庶先生の「6つのC」がクローズアップされましたが、教育面で も『科学が教える、子育て成功への道』というロバータ・ミシュニック・ゴリンコフとキャシー・ハーシュ=パセックの共著という本の中で、これからの時代で成功する為の「6つのC」が書かれています。

・Collaboration・・異なる分野の人や団体が協力して制作する(協働)、
・Communication・・言語,身ぶり,画像等物質的記号を媒介手段とした(会話)、
・Content・・含まれる情報の内容、
・Critical thinking・・批判的思考、
・Creative innovation・・創造的変革、
・Cofnfidence・・自信

土台となるのが、コラボレーション(協働)とコミュニケーション(会話)の能力で人間関係が築ける事です。

その上に、コンテンツ・クリティカルシンキング・クリエイティブイノベーション・コンフィデンスが必要となるのです。

その実践法として、伝統的な米国の上流家庭では子供たちに「Difference」(差異)を要求するそうで、他人との違いを幼いころから認識する習慣を持たせて、自分という「個性」を認識させる訳です。

日本では「よそと同じように」という村社会的な教育が主流だったのですが、これも欧米化で変化しつつあり「個性」という物が協調されているように思います。

「異質」に対する許容能力が大切なのです。

グローバル化で外国人が多数入国し、観光だけでなく働く時代になっており、逆に、日本企業も海外進出する時代でもあり「異文化」を許容する事が必須になっています。

経団連が大卒の就職ルールを自らは行わないと宣言しましたが、「異文化」を許容できる語学力が高い人材が外資やIT関連に奪われている危機感から出ているのです。

このように、これからの子供教育では「語学力」は切り離せないのです。

なぜなら、国内にいても外国人との交流が避けられないからです。

異文化を許容するには、最初の協働(コラボ)と会話(コミュニケーション)がベースなのです。

その上に、自己主張ができる為に残る「4つのC」なのです。

従って、少なくとも「会話」ができないと「協働」もないので、「会話」が必須となります。

ホンマに子供教育が大きく変わっていくと感じます。

|

« 中小企業家同友会の基本活動 | トップページ | シアーズの破産法申請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181253/67265655

この記事へのトラックバック一覧です: 変わって行く「子供教育」と語学力:

« 中小企業家同友会の基本活動 | トップページ | シアーズの破産法申請 »