« 台風に備える | トップページ | スイッチの入れ方 »

2018年10月 1日 (月)

本当にPL脳はダメなのか

「ファイナンス思考」という本が出ているそうだ。

この本のお蔭で「PL脳」は成長の元凶のように言われている。

しかし、企業も個人も同じだが、まず赤字を出さない事がベースである。

このベースをクリアしないと幾ら戦略的投資と言ってもマズイ結果になりかねない。

例えば、子供の進学にローンを組んだら、親か子のいずれかがへん返済しなくてはならない。

ローンを組まずに済むように平素から貯蓄が大切だ。

学資保険などがある。

企業も同じで将来への投資をする為に準備をしておく必要がある。

製造業なら設備投資とハッキリするが、多くの業界では「投資」の内容によるが、ハッキリと定義しないで行うと丸々経費になってしまう。

しかし、その結果、将来「花」が咲く可能性があるのだ。

準備の金は今期の経費と割り切る。

その種が全部「花が咲く」とは限らない。

ホンマにポケット・マネーの範囲で出来る事は限られているので、投資は難しいですね。

しかし、確実に言えることは「やった結果」を「実」に結ぶ努力という経験が残る。

これは「見えない資産」。

でも、やっぱり赤字は避けたい。

このジレンマは永遠の課題。

|

« 台風に備える | トップページ | スイッチの入れ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181253/67228379

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にPL脳はダメなのか:

« 台風に備える | トップページ | スイッチの入れ方 »