« 本当にPL脳はダメなのか | トップページ | 「イケル!」から始める「6つのC」 »

2018年10月 2日 (火)

スイッチの入れ方

やらなければならない仕事の中に「気乗りしない」ものが誰にでもある。

こういうものは大抵「後回し」になる。

そして、期日に迫られて、ようやく手をつける。

「気乗りしない」から、前回のこともよく覚えていない。

だから、頭から手さぐり状態。

これでは、はかどらない。

他の仕事も止まってしまう。

ホンマに困ったものだ。

私の場合、会計事務所に送る伝票類の作業が「気乗りしない」ものだ。

単純に、1.銀行通帳をコピーして入出金に科目を書き入れる、2.振替伝票をエクセルで定型化して起票漏れを無くしている、あとは3.現金払いの出金を仕分けるだけだ。

単純なだけに面白くない作業。

こんな作業にスイッチを入れる方法は、ともかく1と2の単純化した物に手をつける事だ。

残りの3はレシートなどを月別に並べる事から始める。

これで大体の損益は把握できる。

この「把握」だけが楽しみだ。

会計事務所から帰ってくる結果と照合して、オレは正しかったという自己満足が楽しみだ。

そんなモチベーションで「気乗りしない」作業を進めている。

ホンマに・・と思う。

|

« 本当にPL脳はダメなのか | トップページ | 「イケル!」から始める「6つのC」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181253/67232365

この記事へのトラックバック一覧です: スイッチの入れ方:

« 本当にPL脳はダメなのか | トップページ | 「イケル!」から始める「6つのC」 »