« 再建と痛み | トップページ | 小グループ会 »

2018年7月18日 (水)

10年ビジョン:支部例会のテーマ

今日、所属支部の例会に参加した。

報告者は住ノ江支部の㈱フジムラの橋本社長。

遅れたので途中から報告を聞きました。

いろいろとご苦労された様子が伝わってきた。

貸し工場から自前の工場をもたれて「夢工場」と名づけられて若い方々のパワーを引き出されている。

しかし、3名の社員が一挙に辞めるなどのドラマも披露された。

ご自身も事故や脳梗塞などの闘病などを経験されて悟られたような感じ。

例えば、必ず、チャンスがやってくるという言葉に表れていた。

こんな中で「10年ビジョン」というテーブル討論。

所属支部はメーカーの方が少ないので、物販やサービスという業種では投資という点では単純に設備という訳に行かず、具体性が伴いにくいものがある。

私は、個人的には10年後は79才なので、まずは健康という事で準備をしている。

「百歳現役」と標榜しているので後継者対策では

「邪魔をしない」

「含み財産」

「見えない資産」

の3点で対策を練っている。

現実的には商工会議所のお世話でマル経融資で日本政策金融公庫から融資の道を開拓している。

投資という概念を持つという意味で公庫からの低利融資の道を開いている。

今は必要がないのでムダな利息かも知れないが、年利1.1%で100万円2年払いなので月平均すれば500円の負担なので節約で補うことが可能だ。

この返済実績で「いざ」のときに投資できる環境を作っている。

将来、必ず役に立つと思っている。

その他にもやっているが、具体性がないので省略。

そんな状況。

ホンマ、10年の間にいろんな事が起こると予感する。

楽しみだ。

|

« 再建と痛み | トップページ | 小グループ会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181253/66955379

この記事へのトラックバック一覧です: 10年ビジョン:支部例会のテーマ:

« 再建と痛み | トップページ | 小グループ会 »