« 縁・運・ツキ | トップページ | 傘の骨が折れたら修理か買い替えか? »

2018年7月 5日 (木)

宇良関がナント三段目西30枚目

次の日曜日から大相撲7月場所が始める。

我が母校、関西学院出身の大相撲宇良関がケガをして番付を下げている。

1年前の7月場所で右膝を痛め途中休場、9月場所も途中休場、11月場所から全休になっている。

三役が目前の幕内上位にいたが、今場所は三段目西30枚目というところまで下がった。

幕内>十両>幕下>三段目だから凄い番付降下。

大相撲のルールだから仕方がないと言えば、それまでだが、厳しい世界だ。

早く全快して欲しい。

大型化した力士のケガは致命傷。

横綱稀勢の里も芳しくない。

ホンマに下がるところまで下がっても構わない心算で全快にして再起を図ってほしい。

待ち遠しい。

|

« 縁・運・ツキ | トップページ | 傘の骨が折れたら修理か買い替えか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181253/66902981

この記事へのトラックバック一覧です: 宇良関がナント三段目西30枚目:

« 縁・運・ツキ | トップページ | 傘の骨が折れたら修理か買い替えか? »