« エアコンで気分にスイッチ! | トップページ | 組織づくり・・「巻き込む」コツ »

2018年5月22日 (火)

「逆命利君、謂之忠(これ忠という)」

我が母校関西学院の伝統あるアメリカン・フットボール部の若きQBが日大の定期戦で「壊して来い」という監督の命で明らかにルール違反のレイト・ヒットでケガをした事件で日大の対応に不服の被害にあったQBが刑事告訴した。

テレビで何度も放映されているが見るに堪えない。

TV会見した父親は「息子を壊せ」「息子を殺せ」と言われていると訴えた。

真相は日大側の発表を待つしかないが、漏れている内容ではヒドイ話である。

「逆命利君」という言葉を思い出す。

私が就職した時に母が「どんな事でもやるのは正喜だから、無茶な事を言われたら断れ」と教えてくれた。

主君の命であろうとそれが主君の為にならないなら行わないのが、結局、主君の為だという教えを自分サイドで考えろという母の教えだった。

日大のディフェンス選手は試合や練習で干されて「試合に出たければ、壊して来い」と言われたとの事である。

そういう無茶な命が取り巻きも従う異常な雰囲気があったのだろう。

実際に、レイト・ヒットの他に反則を3回して退場になった時もチームに引き上げた選手を労っている様子が放映されているのだ。

全くもって異常。

冷静になったディフェンス選手は大変な後悔だと思います。

その割には内田監督の態度に微塵も出ず「心外」という言葉すら出ていた。

日大は監督からコーチまで管理者・指導者を一掃して、再出発する事が賢明な策と思う。

ホンマに「逆命利君、謂之忠」の言葉を噛みしめる。

|

« エアコンで気分にスイッチ! | トップページ | 組織づくり・・「巻き込む」コツ »

コメント

前略。ある人の記事に 座右の銘「逆命利君、謂之忠」
その意味をたずねるうちに、ここに。

ことあることに 『法』を使う者、誤用の疑いあり。
さらに『李下に冠を正さず』も誤用の疑いあり。

マスメディアは、言葉・文字が道具、
さあれど、劣化か、看過か容認か、

敗戦後70有余年。

文部省(文科省)と日教組の各指導者間の不毛の対立
教育委員会の隷属組織優先志向

中曽根政権頃からの新自由主義・規制緩和と民営化等

公立小・中学校の劣化、
補習塾の営利優先・お受験予備校志向

教育の理念・目的の喪失
国語教育の劣化

国語・漢文教育不足
カタカナ語の乱用・汚染・独善解釈

カタカナ語の誤解・曲解による不健康・栄養失調

ちょうぶんつづけば、ここらで、ぎょめいぎょじ

学而不思則罔、思而不学則殆。

千里馬常有、而伯楽不常有。

「逆命利君、謂之忠」

投稿: | 2018年11月27日 (火) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「逆命利君、謂之忠(これ忠という)」:

« エアコンで気分にスイッチ! | トップページ | 組織づくり・・「巻き込む」コツ »