« 困ったらベーシックな事を徹底 | トップページ | スマホ対応のホームページ »

2018年1月23日 (火)

冷えた関係を改善する

一般的に経営者側と社員側との間に平行線があって交わらないと言われる。

確かに、社長という立場は社員との関係性をよくするのは難しい。

特に、事業を継承した何代目かの方はサラリーマン的な感覚の方が多いので、必要以上によく見せようとするから、逆に、距離が開くのだ。

距離が開くという事は心の温度が冷えていく事だ。

何か事があって気まずくなると距離が開き、どんどん温度が低くなるのだ。

組織だから、それでも仕事が回って行くが、効率が落ちて業績が悪くなる一方になる。

自社の得意な商品が明確なら、その商品の勢いで当分の間はなんとかなる。

しかし、それも勢いが減衰するので、いずれ厳しくなる。

こんな時に、重要な事は「挨拶」。

「挨」も「拶」も自分から迫って行くという意味があるとの事。

「言霊エネルギー」と言いますが、「挨拶」を交わすことで相互の心を温かくする効果がある。

あるお客様では、社員と毎朝、電話する習慣をつけたら、社員の方から、いろんな相談が来るようになったそうだ。

それも早い段階。

適切なアドバイスをすると業績も向上したそうだ。

ホンマに「挨拶」は自分からと思う。

|

« 困ったらベーシックな事を徹底 | トップページ | スマホ対応のホームページ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷えた関係を改善する:

« 困ったらベーシックな事を徹底 | トップページ | スマホ対応のホームページ »